庭 屋外

【必見】これだけあれば初めての野菜作りがやりやすい道具7選

  • 野菜作りを始める時どんな道具をそろえればよいかわからない
  • 野菜作りをするのに最初からいろいろ道具をそろえないといけないのかな
  • あれば便利な道具って何かな

こういったことについて答えます。

庭いじりで遊んで10年以上になります。
いろんな失敗を経験した私が解説していきます。

1.【必見】これだけあれば初めての野菜作りがやりやすい道具7選

1-1シャベル

一番よく使う

用途
  • 土を耕す前に深めに掘り起こす
  • たい肥を移したりまいたり
  • 庭木を植える時

柄が木の物と全部が金属の物があります。
個人的には木の柄の物が少しは軽くて作業が少しは楽です。
少しの違いで結構変わってきます。
特に今まで庭いじりをしていない初心者の方は少しの時間の作業でも疲れ果てます。
その上次の日の筋肉痛は子供時代以来の久しぶりの体験に笑ってしまいますよ。

1-2平くわ

用途
  • 畑を耕す
  • 土の表面をならす

日本の昔話に出てくるような感じがしますが普通に使います。
あの形状が土を掘り起こして柔らかくするのに適しています。

1-3じょうろ

用途
  • 水やり
  • 液肥をまく
  • 除草剤をまく

野菜を育てる間に一番お世話になる道具です。
どれほどの面積の畑かでじょうろの大きさを選んでください。
じょうろが小さいと何度も水を汲みに往復しないといけません。
じょうろが大きいと重いです。
自分の畑にあいそうなサイズを選んでください。

1-4移植ごて

用途
  • 比較的小さな穴を掘る

苗を畑に入れる時に使います。
庭に草花を植える時も使い勝手が良いです。

よく耕してあれば手で穴を掘って苗を入れてもいいです。

1-5イボ付き支柱


画像は一部です。長くて納まりませんでした。

用途
  • 苗を植えたとき最初は自立が難しいので支えに使用する

後で紹介しますがサポートクリップを使うことを検討されるのでしたら、支柱の太さはクリップに合わせて揃えておくと使いやすいです。

【便利】イボ付き支柱がするする地面に刺さる『楽々支柱さし器』をつかってみたら効果絶大だった!楽々支柱さし器を使った感想家庭菜園でイボ付き支柱を使うと思います。地面が硬くて刺せない事がよくあります。そんなときにとても役立つアイテムを紹介しています。ぜひご覧ください。...

1-6バケツ、かご

用途
  • 収穫した野菜をいれる
  • 化成肥料を入れ運ぶ

100均で同じ物を10個とかまとめて購入すると重ねて収納できて便利です。

1-7収穫バサミ

用途
  • 収穫
  • 開封

開けたり切ったり何でも使うので都度家の中から持ってくるのでなく庭いじり用にあると便利

2.必要な物を必要な時に準備すれば野菜作りができることを説明します。

野菜作りは基本的にシャベルだけでできます。
”必要は買う時のタイミング”といいます。
(嘘です。私が勝手に決めました。)
農家のプロの方でも、最初から全部の道具がそろっているわけではありません。
必要だから仕方なく買いそろえていくのです。

私もシャベルを最初に買って庭木を植えました。
そのシャベルで畑にする部分を掘り返して畝を立てないでほうれん草を育ててみました。
何とか小さいほうれん草が収穫できました。
こんな感じでシャベルだけで始めました。
シャベルだけでは育てたい野菜作りができないと考えてる方もいると思います。
確かに間違っていません。
シャベルだけで苗の野菜作りはやりづらいです。
でも木の切れ端で支柱の代用をしたり工夫で乗り越えられます。
最初はシャベルから初めて必要な物をそろえていけばいいと思います。

何度も店舗に足を運ぶのが大変な人は
”1.これだけあれば野菜作りを始める時使える道具7選”を
揃えてみてください。

私の知人で最初型から入っていく人がいます。
例えばゴルフでブランドウェアを着て高級クラブを揃え高級ボールで始めてボールを無くしたり池にプレゼントしたりしてゴルフの上達前にやめる人がいます。

最初は最低限の道具で始めたらどうでしょう。

3.最初から必要はないけれどあると便利なもの3選

3-1サポートクリップ


苗をイボ付き支柱で支える時紐で構わないですがサポートクリップは画像のように挟むだけですので便利です。

3-2草かき


野菜を植え肥料を与えると、野菜より雑草が元気に育ちます。
少しでしたら抜けばいいですが、ある程度の量になると抜いてばかりいられません。
草かきで削りましょう。

3-3一輪車

じゃがいもや玉ねぎなどの収穫の時どんどん入れて一気に運んだり、雑草や庭木の枝うちのゴミを直接入れながら作業して最後運搬して処理するのに便利です。
たい肥や肥料を運ぶのに重宝します。
荷物の運搬全般に役立ちます。
一輪車はとにかく小回りがきき使い勝手がとてもいいアイテムです。

4.まとめ

最初は最低限の道具で野菜作りを始めてみてください。
野菜作りの楽しみ喜びを得ることが目的です。
道具の充実ではありません。
本来の目的は野菜作りです。
必要な物ができたら買い足してください。

広告

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA