庭 屋外

【庭いじりにおすすめ】タンッタンッと軽快な音を立てて枝が切れる『岡恒 剪定鋏』のレビュー

庭いじりを始めると庭木や生垣などを植えると思います。
毎年1~2回剪定をすることになります。
木がそこそこ成長してくると結構な勢いで枝が伸びてくるようになります。
放置するとハサミで切れない太さになりノコギリの出番となります。
しかし庭いじりが好きでこの記事を読んでくれているあなたはシーズンごとに剪定していると思います。
そんなあなたにおすすめの剪定ばさみを紹介します。

庭いじりで遊んで10年以上になります。
いろんな失敗を経験したkumanezumiがレビューしていきます。

ハサミはいわゆるピンキリの道具になります。
職人さんが使用するピンの鋏は数万円します。
私や初心者のあなたは中くらいのハサミで質のいい物を使うのがいいと思っています。
そういう意味で、職人さんでも使用する『岡恒 剪定鋏』はピッタリだと思います。



さっそく紹介していきます。

01『岡恒 剪定鋏』のメリット3つ

このハサミはこんな特徴です。

  • 太い枝もスパッと切れる
  • 軽快な音で切れるので剪定していて気持ちいい
  • 研ぐことで切れ味が戻る

具体的に説明していきます。

1.太い枝もスパッと切れる

5~6mmぐらいなら難なく切れます。
安価なハサミは切れないのでノコギリに持ち替える必要があります。
手の届く範囲の剪定ならそれほどでもありませんが、脚立で剪定していると大変です。
一つの道具で事足りるのは楽ですし、何よりはかどります。
安価なハサミは柔らかい木を切る時は切り損ねてしまいます。
『岡恒 剪定鋏』は藤を切っても切り損ねることはありませんでした。

2.軽快な音で切れるので剪定していて気持ちいい

タンッタンッと自分が剪定の名工になった気分にさせてくれます。
道具は「気分よく使える」ような感性の部分も大きなウェイトを占めると思っています。
音楽を聴くときモノラルスピーカーで聞いていても普通ですががステレオスピーカーで聞くと違いが一目瞭然ですよね。
例えがあっているか分かりませんが職人になったような気分がとても気持ちいいんです。

3.研ぐことで切れ味が戻る

研ぐことができる刃物を選べば切れ味を維持できますので無理に力を入れて切って怪我をするリスクも減ります。
研ぐといっても難しくありません。油砥石ですくい面を研いで返りバリをサッと落とせば終わりです。
パッケージに書いてありますので心配いりません。

02『岡恒 剪定鋏』のデメリット

使用後研いで油を軽く塗っておかないと錆びて切れ味が落ちてしまいます。
安価なステンレスのハサミを使っている人は手間がかかると感じるかもしれませんね。
しかし刃物の手入れってやりだすと結構面白いんです。
時代劇で日本刀を手入れしているシーンを見ることがあると思います。
あれが道具を大切にする日本人の本質ではないかと思っています。
自分の大切な刃物を使用後にきちんと手入れして保管すれば安易に他人に貸してあげるのもいやになるくらい大切になります。
手入れして長く使える道具を所有してみてください。
きっと満足感を得られると思いますよ。
初心者で最初から必要ないかなと思うならばまだ買う必要はありません。
安価なハサミから始めて庭いじりを楽しんでください。
必要に思った時で十分です。
その時にこの記事を思い出して選ぶ際の参考にどうぞ。

03まとめ

  • 太い枝もスパッと切れる
  • 軽快な音で切れるので剪定していて気持ちいい
  • 研ぐことで切れ味が戻る

切れ味がいいと疲れないし怪我もしません。
ストレスが少ないと作業が楽しくなります。
剪定作業を楽しんで作業後に手入れを楽しんで大人の休日を過ごしませんか。
庭いじりも立派な趣味の世界です。
ただ初めから高価なものを買うような事はやめましょう。
凝り性はいけません。
家族の了解を得られる範囲で購入してください。
あくまでも休日の趣味です。
当然職人さんは仕事道具ですから別です。
興味をもってもらえたら岡恒 剪定鋏リンク張っておきます。

広告

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA