庭 屋外

【便利】イボ付き支柱がするする地面に刺さる『楽々支柱さし器』をつかってみたら効果絶大だった!楽々支柱さし器を使った感想

家庭菜園を始めると支柱を立てて誘引ネットや防鳥ネットを張ることが出てきます。
イボ付き支柱を刺すとき、地面が硬くてなかなか刺さらない事がありまよね。
そんな時でもとにかくイボ付き支柱が気持ちいいほど刺さるんです。
うれしくてわざわざ妻を呼んで見せたほどです。
こんな便利な道具の使用感を紹介します。

庭いじりで遊んで10年以上になります。
いろんな失敗を経験したkumanezumiが紹介していきます。

ネットを張るときも、苗を支える時も支柱をつかいます。

ねずみくん
ねずみくん
畝の上に刺すときは問題ないが畝の下に刺すときはなかなか刺さらないんだよね
くまねずみ
くまねずみ
あなたにぴったりの便利な道具が楽々支柱さし器だよ

楽々支柱さし器はこんな形で大きさです。

01.楽々支柱さし器を使うメリット

1.支柱を刺すときに力がかかる

てこの原理で無茶苦茶力が入ります。

写真のように足で踏めば楽々です。

2.抜くときも力がかかる

刺すときと同様にてこの原理で簡単に抜けます。
写真のように刺すときと反対にひっかけて手で引っ張れば簡単に抜けてしまいます。

3.時間短縮

野菜作りの時は何本も刺すことがあるので時間が短縮できます。

4.刺せなかった場所に刺せる

楽々支柱さし器がないとそもそも刺せない場所が出てくるが使用すると何処でも刺せる。
ほんとにこれが大きなメリットです。

5.抜けなかった支柱が抜ける

当り前かもしれませんが、抜くことができなくなる支柱があります。
それを難なく抜くことができるようになります。

02.すみませんデメリットもあります

地面が固いときでも、かなり力が掛かるので支柱が結構な勢いで曲がってしまいます。
あっと思ったときは止めることもできずにグニャっと曲がってしまいます。
あまり上の方で引っかけて1回で刺そうとすると支柱が負けるので、5cmぐらいずづ刺していけば曲がりません。
この道具はこれほど力がかけれる優れモノなのです。
もう一つ対応サイズ(Φ16~20mm)があります。
初心者の方はΦ16~20mmの太さの支柱を購入するようにすれば刺さらない問題が発生した時にこの道具が使えます。
最初から楽々支柱さし器を購入しなくても問題ありません。
刺さらない時に検討してみてください。
その時のために支柱を対応サイズにしておくことをオススメします。

03.まとめ

  • 支柱を刺すときに力がかかる
  • 抜くときも力がかかる
  • 時間短縮
  • 刺せなかった場所に刺せる
  • 抜けなかった支柱が抜ける
  • 地面に負けて支柱が曲がる
  • 支柱のサイズに制限がある

何度かセットの仕方が悪かった為、楽々支柱さし器が滑って支柱のイボを削ってしまう事がありました。
きちんとセットして使用してください。

今まで支柱刺しが大変だったのですが、すごく楽になりました。
風が吹いても支柱が傾くことはありません。
きゅうりなどが大きく成長してくれても支柱がしっかり刺さってくれているので秋口まで誘引ネットがきちんと役目を果たしてくれます。
家庭菜園を始めて最初に揃える道具ではないので必要な時にこの記事を思い出して検討してください。
Φ16~20mmの太さの支柱を揃えておくことだけで刺さらない時のリスク回避になりますので覚えておいてください。
お値段も2000円強と手頃です。
効果絶大であることを考えるとコスパのいい道具だと思います。
女性の方はぜひ、力自慢の男性もお勧めできます。
ほんとによく考えられたアイデア道具だと思いました。
楽々支柱さし器良さそうと思ったらどうぞ

広告

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA