庭 屋外

【日本の生垣】美しい中に機能的な生垣の紹介と作り方

ねずみくん
ねずみくん

生垣を作りたいけど自分でできるかな

作り方と生垣におすすめの植物を知りたい

生垣を植木屋さんに頼んで作ってもらうとどれ位かかるのかな

くまねずみ
くまねずみ
ぼくがこんな悩みに答えようと思うよ

庭いじりで遊んで10年以上になります。
いろんな失敗を経験したkumanezumiが解説していきます。

生垣って垣根を植物で作るものです。
垣根には竹垣などもあります。
焚火の童謡に

”かきねの かきねの まがりかど
たきびだ たきびだ おちばたき
あたろうか あたろうよ
きたかぜぴいぷう ふいている

さざんか さざんか さいたみち
たきびだ たきびだ おちばたき
あたろうか あたろうよ
しもやけおててが もうかゆい
以後 略
作詞:巽 聖歌 作曲:渡辺 茂”
童謡に出てくるように日本では昔からある風景の一つです。

生垣は家の境界線にしたり目隠し目的のために設置しブロック塀より圧迫がなく美しいです。
生垣も高さによって呼び方が違う時もあります。
1.5m以上位だと生垣、それ以下だと植込みと呼んだりします。
明確には知りませんし主観的な所もあるかもしれません。
公園の境界の植物は植込みと呼ぶ方がしっくりくるかもしれません。
それでは生垣について説明していきます。

01生垣のメリット・デメリット

  • 季節感がある
  • 目隠しができる(ブロック塀などと比べて目隠し感が出しゃばらない)
  • 高さを調節できる
    地震の時に傾くかもしれないが倒れにくい
    (大阪北部地震の時はブロック塀が倒れて悲しいことが起こりました)
  • 防犯になる
    あまり知らないですが以下のような効果が見込めるようです。
    密に茂った生垣は通り抜けにくく飛び越しにくい。
    無理に入ろうとすると音がする。
  • 手入れが必要
    剪定や害虫消毒、落葉などのシーズンごとの手入れが必要です。

デメリットですがこの記事を見てる方は庭いじりに興味があると思いますのでデメリットでなく庭仕事として楽しめると思います。

02生垣を植木屋さんに依頼する時の相場

植木屋さんは日当で金額が決まることが多いと思います。
日当x人数x日数+諸経費な感じです。
これじゃわからないと思います。
大まかな見積り方を紹介します。
生垣を設置する長さ(m)x約30000円/m+諸経費のイメージです。
地域でも違うので検討する時の参考にしてください。
それ以外にも木の費用が必要ですね。
生垣の木の単価x使用本数です。
木の使用本数もコニファーのように大きくなる木は1本/mぐらいかもしれませんし
レッドロビンのような木は3本/m位でしょう。
植木屋さんの仕入れた木で植栽すると思います。
植栽後も定期的にメンテナンス(剪定、害虫消毒など)の費用も必要です。
添え木も木が成長すると張替も必要です。

03庭いじりとして生垣はできる?

生垣づくりはできます。
プロのようにはいかないかもしれませんが庭いじりの一つとして楽しみましょう。
私も挑戦しました。
植えて最初に添え木をしたのですが傾いたり手はかかりました。
根付いて木がしっかりしてくると落ち着きましたね。
庭いじりが楽しければ問題ありません。
植木屋さんのように出来ないだろうと思われると思います。
確かに売り物にはなりません。
自分の家の庭ならば問題ありません。
植木屋さんの添え木のように綺麗に竹で組むのはとても難しいです。
しかし素人なりに行なえばそれなりにできます。
自分の庭のことならば問題ないですよ。

04生垣の作り方

1.生垣をどの大きさまでに育てるかを想定する

木の幅が大体決まると思うのでそれを使って必要数や植える位置を決めていく。

2.必要本数を花屋さんやホームセンターに予約する

花屋さんなら配達してくれるでしょうし、ホームセンターなら普通免許を所持している方なら軽トラを無料で借りられるのでそれで運ぶこともできます。
私もホームセンターで購入し軽トラで運びました。
積み込みもきちんと手伝ってくれますよ。

3.印をつけて植栽する

巻き尺か紐を引っ張ってまっすぐにして印をつけると綺麗にできます。
その木の幅と手入れする人間が通れる幅を境界線から持たせた位置に並べて植えていきます。

4.添え木を行う

4~5本に一か所縦に入れていきます。
次に縦の添え木同士を横でつなぎます。
木の高さによって横の添え木を2段か3段か判断してください。
1~2年もすると木が根付いてしっかりしてきます。

5.剪定、害虫消毒等をする

定期的に行う必要が有ります。

05おすすめの木の紹介

生垣にする木ですが私の植えている木と個人的に好きな木の紹介です。
木それぞれに詳しいわけではありませんので、花屋さんやホームセンターで聞いたりして検討されるのがいいかと思います。
1~3が三大香木と言われいい香りがします。
4~6は個人的に綺麗だなと思います。
7は定番です。
1ジンチョウゲ(春)

2クチナシ(夏)

3キンモクセイ(秋)

4コニファー

5レッドロビン

6サザンカ

7ツゲ

06まとめ

  • 季節感がある
  • 目隠しができる
  • 高さを調節できる
  • 防犯になる
  • 手入れが必要

焚火の童謡のように落葉で焚火をして焼き芋を作れると本当に楽しいでしょうね。(今は焚火はできませんが)
さりげない目隠しなど日本の文化にあった生垣を設置してみませんか。
植木屋さんに依頼すると素晴らしい生垣ができると思います。
もちろん自分で作る生垣も素晴らしいです。
チャレンジしてみましょう。

地域の役所に問い合わせると生垣設置の助成金がある場合がありますので確認しましょう

広告

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA