庭 屋外

【初心者の為の野菜の知識】広い場所が必要な野菜3つ

ねずみくん
ねずみくん
小さな畑しかないので栽培しにくい野菜って何かな
広い場所が必要な野菜でも作りたいな
くまねずみ
くまねずみ
ぼくがこんな悩みに答えようと思うよ

庭いじりで遊んで10年以上になります。
いろんな失敗を経験したkumanezumiが解説していきます。

つるが伸びるなどしてある程度のスペースが無いと育てにくい野菜はあります。
そういった野菜でも実がなる部分まで畑の中で育てる必要はないんです。
つるが伸びる野菜も根の部分だけが耕された畑にあればその先は何処でもいいんです。
実の部分がコンクリートの上とかだと太陽の熱で育たないかもしれませんけどね。
さっそく紹介していきます。

01.【初心者の為の野菜の知識】広い場所が必要な野菜3つ

広い場所が必要なのはつるが伸びる野菜です。

広い場所が必要な野菜
  • かぼちゃ
  • ズッキーニ
  • スイカ

これらは代表的な広い場所が必要な野菜です。
夏野菜として苗が売られていて、知らずに買ってきて植えるとどんどん広がって場所がなくなります。
収穫前に刈り取る羽目にならないためにどれくらいのスペースが必要か説明していきます。

1.かぼちゃ


かぼちゃは品種にもよると思いますがつるが10m~15mぐらいは伸びます。
プールの短い辺ぐらいの長さですよ。
それが何本か伸びてきますので、ある方向に伸ばすにしても一定の広さが欲しい野菜です。
上手く育てると大量に収穫できます。

2.ズッキーニ


ズッキーニはかぼちゃの一種らしいです。
つるが伸びる野菜ではありませんが場所を必要とします。
だいたい1.5mx1.5mぐらいのスペースが必要です。
真ん中から放射状に広がる感じですね。
女性二人が寝転んでいるぐらいのスペースですので、畑の中では場所を取ってしまいます。

3.スイカ


スイカは上の二つに比べるとまだ場所を取りません。
それでもつるが2mぐらいは伸びます。
だいたい背の高い男の人が寝転んでいるくらいの長さになります。
栽培中はまっすぐに引っ張るわけではないので、もう少し短い長さになります。

02.工夫をすれば少ないスペースで育てられます

大きく育てるスペースがあれば何も問題ありませんが工夫次第でそんな野菜を育てられますよ。
育った時のイメージをして場所の選定を行い準備すれば問題ありません。

・かぼちゃ

つるを減らして制限できます。
もしくはU字支柱を立てて誘引ネットを張りつるを伸ばす栽培も可能です。
これである程度スペースをかせげます。
単純に2倍ですね。
利点として実を浮かせると地面に接触しないので全面綺麗なかぼちゃが出来ます。
かぼちゃは地面と接した面は色が悪くなってしまいます。
もっと工夫している人は生垣の上にずっと伸ばして育てている人を見たことがあります。
たくさん実がなっていましたよ。

・ズッキーニ

ある程度畑にスペースを必要としますが実がなる前にコンパクトにしておけば小さく育てられます。

・スイカ

つるを制限して小さく育てます。
どうせ大きく甘いスイカを作ろうとすると摘果(小さい時に実を取ってしまう事)します。
なので実を減らしながらつるも制限してください。
プランターで育てられる小玉スイカも選択肢です。

ここまで説明しましたが初心者ではうまくいかないと思うでしょう。
確かに工夫してすぐに上手に育てれるとは思いません。
しかし上手に育てている人も失敗しながら工夫して育てているわけですから、あなたにもきっとできます。
チャレンジしてみてください。
例えば生垣の上でかぼちゃがたくさんできていたら近所で有名になりますよ。
プロ扱いされますよ。

03.まとめ

広い場所が必要な野菜
  • かぼちゃ
  • ズッキーニ
  • スイカ

シーズンに店頭で苗を見て衝動買いしまうと後悔します。
しかし工夫次第で育てられることを説明しましたのでチャレンジしてみる価値はありますよ。
どれもおいしい野菜ですよ。
かぼちゃなんてうまくいけば1株で20個収穫も夢ではありません。
頑張ってください。

広告

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA